タグ:LEICA ( 51 ) タグの人気記事

2019年 02月 19日
伊勢佐木町

半世紀前、伊勢佐木町は間違いなく横浜一の繁華街として賑わっていた

元町ほど高級ではないが、新しい流行をいち早く取り入れ、庶民に手の届く贅沢を提供していた

和菓子のみのや ハモンドオルガンの音楽が店内に響く洒落た不二家 地元百貨店として多くの人が通った野沢屋

大規模書店の有隣堂 小さいけれど店主の創意や工夫の詰まった商店etc.・・・子供心にもワクワクする街だった


けれど、1960年代半ばから横浜駅西口開発が本格化するとともに、この街の活気は次第に失われていく

人の流れの変化だけでなく、街としての魅力を維持するパワーが欠けていたのだろう


そして今、この街は混沌の最中にあるようだ

西口やみなとみらいという競合地区の隆盛だけでなく、個人店舗の後継者難や外国人の増加など

この地区特有の課題もあると聞く 

目抜き通りに居酒屋が沢山あったり、安売りのチェーン店が目立つというように

街全体が方向性も秩序も見い出せないままに放置されている感がある


しかし、これだけの商業地全体の再開発にはべらぼうな資金が必要だろうし、それを推進する主体の存在も見えない

ジモティの小父さんとしては、何とももどかしいのだが

一旦行き着くところまで行かないと再開発のエネルギーも蓄積されないのではないかと懸念される

d0085413_23353402.jpg
d0085413_23315997.jpg
d0085413_23353492.jpg
d0085413_23353469.jpg
d0085413_23315933.jpg
d0085413_23315915.jpg
d0085413_23315962.jpg
d0085413_23320076.jpg
d0085413_23320068.jpg
d0085413_23320016.jpg
d0085413_23320119.jpg
d0085413_23320173.jpg

LEICA Ⅲf / KODAK Ultramax 400 / Canon 25mm F3.5



by Nonbiriojisan | 2019-02-19 19:00 | Photo | Comments(2)
2019年 02月 17日
野毛

伊勢佐木町から吉田町、野毛を歩いた

子供の頃、両親につれられて、野毛山動物園からこの逆のコースを良く歩いた

当時は横浜でも最も栄えた商店街で、買い物や食事をするのが楽しみだった

野毛は、現在でもかなりの飲食街だが、それは夜のこと

昼間はぼやけていて、何か焦点が定まらない印象だった

ここに夜来て飲食することは無さそうだから

遠い昔の記憶を仄々と胸に刻んでおいた方が良いのかもしれない

d0085413_00315848.jpg
d0085413_00315892.jpg
d0085413_00315840.jpg
d0085413_00315834.jpg
d0085413_00373312.jpg
d0085413_00315955.jpg
d0085413_16532522.jpg
LEICA Ⅲf / KODAK Ultramax 400 / Canon 25mm F3.5



by Nonbiriojisan | 2019-02-17 19:00 | Photo | Comments(2)
2019年 02月 10日
中華街
中華街は原色の街だ 赤や黄色が氾濫して、一種独特のムードを醸し出している
そんな中華街だが、少し気になることがある
それは、世代交代の影響なのだろうか、あちこに閉店したような店があるし、
老舗が新しい業態の店に置き換わっているところもある エスニック調の雑貨の店も増えた
こうした変化を一概に悪いとは言えないが、中華街のイメージは少しずつではあっても、
確実に変わって来ているように思える
新陳代謝も良いが、老舗もしっかり残って、中華街らしさを維持して欲しいものだ

d0085413_23065677.jpg
d0085413_23065746.jpg
d0085413_23065733.jpg
d0085413_23065757.jpg
d0085413_23065795.jpg
d0085413_23065751.jpg
d0085413_23065805.jpg
d0085413_10370494.jpg
d0085413_12134086.jpg

d0085413_23065660.jpg
d0085413_23114647.jpg
d0085413_23114545.jpg
d0085413_23114587.jpg
d0085413_23114568.jpg

LEICA Ⅲg / KODAK Ultramax 400 / Canon 28mm F2.8


by Nonbiriojisan | 2019-02-10 19:00 | Photo | Comments(2)
2019年 01月 26日
元町
元町を歩くと色彩豊富で、工夫を凝らしたディスプレーを楽しむことが出来る
賑やかさでは横浜駅西口に到底及ばないが、この街の落ち着いた上品な雰囲気は健在だ
メインストリートだけでなく、脇道にも面白い店がある
路上の車はベンツにBMWやポルシェ・・・
小父さんはそんな雰囲気を楽しみながら写真を撮る
細やかな買い物はBouquet 熟年女性向けのセンスの良い衣料品店で年2回くらい買い物をする
d0085413_18130207.jpg
d0085413_18130318.jpg
d0085413_18130314.jpg
d0085413_18130320.jpg
d0085413_11411269.jpg
d0085413_18130488.jpg
d0085413_18131123.jpg
d0085413_18143932.jpg
LEICA Ⅲg / KODAK Ultramax 400 / Canon 28mm F2.8

by Nonbiriojisan | 2019-01-26 19:00 | Photo | Comments(2)
2019年 01月 17日
冬の三渓園
冬の三渓園は人影もまばらで
僅かな梅の花と水仙のみ
池のキンクロハジロを狙っているのか、
猫が池のほとりでじっと蹲っていましたが
「無理じゃない」と声をかけると、そうかもしれないと思ったのか
スタスタ立ち去りました 長閑ですね~
d0085413_14282998.jpg
d0085413_14284369.jpg
d0085413_14285461.jpg
d0085413_14290271.jpg
d0085413_13140142.jpg

d0085413_09581142.jpg

d0085413_14294334.jpg
d0085413_14295608.jpg
LEICA M4, KODAK Ultramax 400, Summaron 35mm F3.5

by Nonbiriojisan | 2019-01-17 19:00 | Park | Comments(2)
2018年 10月 01日
港散歩
10月1日 台風が去って夏のような暑い日 横浜港をカメラ片手にブラブラ
十年一日変わらない風景と、あっという間に変わる街
大好きだな 我が街 Yokohama!

d0085413_11211970.jpg
d0085413_11211987.jpg
d0085413_11212073.jpg
d0085413_11212032.jpg
d0085413_11212191.jpg
d0085413_11212193.jpg
Leica Ⅲc, Canon 28mm F2.8 KODAK Ultramax 400




by Nonbiriojisan | 2018-10-01 17:00 | Photo | Comments(0)
2016年 11月 21日
公園の秋

このところフィルムカメラを持ち出すことが多かったのですが、画像の比較を兼ねて、デジカメで公園の紅葉を撮ってみました とは言っても付けているレンズは、最新のデジタル対応のものではなく、古いLeica Lマウントレンズ! 周辺のマゼンタ系カブリや、減光が強いものもあって、必ずしも最新のデジタル画像ではありませんが、レンズの特性を見るという意味では、とても興味深いものでした 

ピントが正確に合うためもありますが、非常に精細な画像が得られる一方、それが却って現実的な世界とは別物に見えるものもありました (小父さんの目には、このようにキラキラとは見えないんですよね)

d0085413_21353664.jpg
d0085413_21415314.jpg
d0085413_21355049.jpg
d0085413_0435648.jpg
d0085413_0445076.jpg
d0085413_0484875.jpg
d0085413_21370655.jpg
d0085413_0454881.jpg
d0085413_21383644.jpg








by Nonbiriojisan | 2016-11-21 07:00 | Park | Comments(0)
2016年 05月 28日
横浜中華街
スナップ写真を撮るため、中華街に出向くことが多くなったが、この街もまた昔とは随分変わってきている 大通りに軒を連ねる有名店は、店の数もビルも立派になっているが、その分値段がべら棒に高くなっているようだ そのせいか綺麗に舗装された道路には人影が少なくなっているように感じた

中華街の魅力は原色が溢れる異国情緒と、何処となく猥雑な人熱れ、それに余り綺麗とは言えない店が出す、安くて美味しい料理・・・だったような気がするが そんなノスタルジックな面白さが失せかかっていて、どこかよそよそしさを感じるのは小父さんだけだろうか 尤も、大店でない脇道の店には、かつての趣きを残しているものもあるが、そんな店でも店頭には来店した芸人の写真がベタベタ張ってあって、その客寄せの稚拙さと品の無さに(生粋のハマッ子たる小父さんとしては)ウンザリしてしまう

そんな中、マレーシアとかネパールとかアジアンテイストの雑貨店などが進出していて、むしろそっちの方が面白い! 街というのは色々変化するものだし、その中で成功し定着するものもあれば、一時の線香花火のように消えてしまうものもある 横浜や近隣の住民を主要な顧客に据えて、順調に(真面目に)発展してきた中華街だが、一見さんの観光客をメインにするようになると、商売が荒くなるような気がする 内需(固定客)をしっかり固めないと経営が不安定になるが、中華街の経営者たちは、そうした忍び寄る危機を認識しているのだろうか 矢鱈に増えた占いの店などを見るにつけても、10年後にこの街はどうなっているのだろうと興味が尽きない

Note:中華街のビルには、築後相当の年月を経ていて、耐震基準や消防法の規定に沿わないものも多いようだ それらの改築や補強工事を機に、店の移転や閉鎖が続いているとの話を聞いたことがある 賃料の上昇に耐えられない店は閉店し、その後を大店が埋めて、結果大店ばかりが目立つようになっていると推測される

こんな人形不気味で逆効果のような気もするが
d0085413_1225736.jpg


これも不気味 笑いの感性に差があるんだろうな
d0085413_1232293.jpg


デブのカメラマンが写りこんでいる!
d0085413_91416.jpg


唐辛子のお守りは定番!
d0085413_1322222.jpg


中国語版ゴミ出しルール説明版 面白い! 何となく分かるよね 037.gif  星期(週)一 →月曜日 塑料→プラスチック 根据行政条例→行政条例に基づき・・・
d0085413_125010.jpg


中学生くらいの女の子が何か物色中 ネ・ネ、コレ可愛くない? なんて声がきこえて来そう 037.gif
d0085413_1253854.jpg


女の子たち 何を見ていたのか寄ってみると、パンダが思い切りヘタレていた 037.gif
d0085413_1261412.jpg


ココのギャグTシャツは、忘年会の宴席での景品に良いのじゃない? この程度なら著作権問題で訴えられることも無いんだろうな 037.gif もの(ユーモア)知らぬこと、なのたまひそ なんちゃって
d0085413_127165.jpg


アジアン雑貨の店 こんな店が増えている
d0085413_1273644.jpg


買い物するかどうかは別として、こういうの好きだな~
d0085413_128246.jpg


平日の午後とはいえ、中華街大通りはこんな状態! 鳩が闊歩している! 本年2月に六鳳居(注)が閉店したので安心しているのだろう 037.gif
注)中華粥の美味しい店で、鳩料理も出していた

d0085413_1283699.jpg


最近お気に入りの ”鳳林” スープが旨いし、麺は微妙な硬さで食事の進行と共に柔らかくなる そんな細かな心遣いに料理人の想いが込められている 飽きない味だ 関帝廟通りにある
d0085413_0151176.jpg

Leica M6, Elmarit 28mm F2.8 / Fujifilm Astia 100F

by Nonbiriojisan | 2016-05-28 07:00 | Photo | Comments(0)
2015年 11月 24日
いつもの公園でいつもの風景
暖かいせいか紅葉の進むのが遅い感じがします
d0085413_12031100.jpg

d0085413_1205212.jpg

d0085413_1211398.jpg

d0085413_1214042.jpg

d0085413_1215754.jpg

d0085413_1222032.jpg

d0085413_1224278.jpg

d0085413_123221.jpg

d0085413_1232040.jpg

d0085413_1234694.jpg

d0085413_1241673.jpg

d0085413_124426.jpg

d0085413_125726.jpg

d0085413_121034.jpg

d0085413_1261634.jpg

d0085413_1263581.jpg

d0085413_127969.jpg

SONY α7R, Voigtländer Color-Skopar 21mm F4.0, Canon 28mm F2.8, Summaron 35mm F3.5, Summarit 50mm F1.5, Summicron 50mm F2.0, Elmar 90mm F4.0

PS1:Leica L系レンズ何本かの試写を兼ねて写真を撮りました 良く言われるように、α7Rでは広角レンズによって、周辺にマゼンタ被りが出ることがありますが、これは補正が難しい! ちなみに1~2枚目のレンズはVoigtländer Color-Skopar 21mm F4.0 他のLeica/Canonは相応の写り α7系のMFアシストは良く出来ていて、老眼の小父さんでもピント合わせに困らない (*^-^)

PS2:広角レンズのマゼンタ被りについては、最近リリースされたSILKYPIX Developer Studio Pro7 Betaの新機能「円形補正フィルター」を使うと、改善されるかもしれません (まだ使いこなしていませんが)

こんな風に・・

by Nonbiriojisan | 2015-11-24 07:00 | Park | Comments(4)
2015年 07月 01日
東慶寺
先日、久しぶりに東慶寺をお訪ねしました 前回というのは、もう30年以上前のことであり、この時には先のご住職(故井上正道師)に境内を夫婦でご案内頂きました 

この東慶寺は縁切り寺として夙に知られるところですが、少しばかりご縁があって、幼少の頃から両親に連れられて何度もお邪魔したことがあります 庫裏の前で撮った、先々代ご住職の井上禅定師ご一家との写真は、もう色褪せてしまいましたが、幼いなりに貴重な経験をさせて頂いたことだけははっきりと覚えています

境内には沢山の拝観者がいらっしゃいましたが、それでも静謐な雰囲気が保たれていて、豊かな自然と調和した信仰の場を感じることが出来ました

東慶寺のご本尊は釈迦如来坐像で本堂に祀られていますが、水月堂に安置されている水月観音菩薩坐像も岩に腰かけられて、くつろいだお姿が美しいことで知られています 南画から抜け出て来られたように見えることから、親しみを込めて水月さんとお呼びしていますが、この水月さんのお守りは厄除けに霊験あらたかとされ、今回も頂戴してきました

d0085413_1856391.jpg

d0085413_18564291.jpg

d0085413_18573821.jpg

d0085413_18584151.jpg

d0085413_1859915.jpg

d0085413_2385487.jpg

d0085413_23921100.jpg

d0085413_23112698.jpg

d0085413_23132533.jpg

d0085413_23144346.jpg

d0085413_23173979.jpg

d0085413_23181313.jpg

d0085413_23191799.jpg

d0085413_23213414.jpg


LEICA Ⅲc, Summitar 50mm F2.0

by Nonbiriojisan | 2015-07-01 07:00 | Photo | Comments(2)


    


以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
more...
検索
タグ