2016年 12月 28日
年の瀬の宵に
年の瀬は、毎日が日曜日の小父さんでも忙しい それでも何故か今年は年賀状も書いたし、庭掃除や窓ガラス拭きも済ませ、松飾の用意をして、お節料理用の食材買い出しもほぼ終わった 手回しが良い! (自画自賛)

ホッとした宵に、酒を片手にかけた音楽がこれ Coleman Hawkinsは、John Coltraneと並んで好きなサックス奏者で、線の太い演奏をするかと思うと、洒落てエレガントな演奏もする 少し照明を落として聴くと、酒が美味い 正にmellowな気分になる

微睡の中でふと思ったのは、JazzをMozartが聴いたら何と言うかな?ということ Beethovenならますます不機嫌な顔になったろうけど、Mozartだったら壮大なレクイエムの片隅に、チョコっとJazzのリズムを忍ばせるような遊びをしたかもしれないな・・・なんて


d0085413_1144671.jpg== Coleman Hawkins " In A Mellow Tone" ==
1.You Blew Out The Flame In My Heart (Album Version)
2.I Want To Be Loved
3.In A Mellow Tone
4.Greensleeves
5.Through For The Night (Album Version)
6 Until The Real Thing Comes Along (Album Version)
7.The Sweetest Sounds
8.Then I'll Be Tired Of You
9.Jammin' In Swingville (Album Version)


Coleman Hawkins "Greensleeves"


by Nonbiriojisan | 2016-12-28 22:00 | Music


<< 新 春      冬の山手 >>