2016年 03月 25日
ポジ現像(三渓園)
最近カラーフィルムの自家現像にチャレンジしていますが、先日のネガに続き今回はポジフィルムに挑戦しました FUJIFILMのGSW690Ⅲという中版カメラに、FUJIFILMのPROVIA(RDPⅢ ISO100)を詰めての撮影でしたが、そもそも大幅な期限切れフィルムである上、露出計を常用のISO400にしたまま、更に普段全く使わないカメラで、距離リングを回しても二重像が動かず無限のみという、全く酷いミス続きの撮影でした また、ポジに加えて作業工程が増えたし、現像液の調合も手探りという訳で、どこに不都合があったか反省も出来ない状態でしたが、何とか画が出た出てきたので、まあ良しとしましょう 前途多難ですが 037.gif

現像の良し悪しは兎も角、流石に中版カメラの画は滑らかです でも、これをデジカメ高画素機で撮れば、もっと簡単に”綺麗な”写真が出来る筈なんですが、何しろ現像を楽しむという趣味と暇つぶしのためですから、そんな安直なことはしないんですよ エヘン!

d0085413_381071.jpg



池の奥から縦に線が入っていて、左右で明度が違う 何でだろう? レンズシャッターカメラなので、こんな縦線が出るのは現像のせいだと思います (このコマは最終コマの一つ手前ですから、最終コマがカーリングしていて現像液が均等に回らなかったためと推測しています) 色々なことが起こります 037.gif

d0085413_384553.jpg

FUJIFILM GSW690Ⅲ、PROVIA

by Nonbiriojisan | 2016-03-25 07:00 | Photo


<< ポジ現像(その2)      木瓜(ボケ) >>