2016年 03月 11日
カラーネガフィルムの現像
学生時代以来、久しぶりにカラーネガフィルムの現像をしてみました モノクロフィルムに比べて現像の幅が狭く、自由度は限られたものになりますが それでも、フィルムに画像が出ているとホッとします

現像のためには、何かが写っているフィルムが必要(当たり前)なので、使用期限が過ぎた安物のフィルムをカメラに詰めて、みなとみらいから山下公園まで歩いてみました 曇天の上3時過ぎに家を出たので直ぐに暗くなってしまい、現像の良し悪しを評価するには条件が悪すぎですが、それでもデジタルとは違った、粒状感があって雰囲気のある写真が撮れたと思います  現像自体は、色々反省点もあって前途多難ですが、そんなに簡単では暇つぶしにならない! 037.gif 良いオモチャになりそうです

d0085413_10698.jpg

d0085413_102570.jpg

d0085413_104443.jpg

d0085413_11778.jpg

d0085413_113041.jpg

d0085413_12873.jpg

d0085413_122583.jpg

CONTAX G2, KODAK Color Plus ISO 200, G Biogon 21mm F2.8, G Vario-Sonnar 35-70mm F3.5-5.6

PS:街歩きに良いCONTAX G2を持ち出しましたが、長らく使っていなかったので予備機のシャッターが落ちなくなっていました 修理するかどうか迷いましたが、なかなかユニークなカメラだしレンズも良いので、修理に出すことにしました 京セラでの修理期間は終了していますが、「リペアサービス諏訪」さんで、シャッターユニットの交換をして頂くこととしました G2はフィルムカウンター部の液晶漏れの修理をしたこともあり、1台だけだと不安です (*^-^)

by Nonbiriojisan | 2016-03-11 07:00 | Photo


<< スノーフレーク      サクランボ(暖地) >>