2010年 02月 10日
FUJICA ST901
d0085413_1459250.jpg先日長いこと探していたFUJICA ST901を中野のジャンク館で見つけました! EBC Fujinon 55mm F1.8付きのもので、ショーケースの隅にチョコンと鎮座していたんです! ジャンクといってもそこそこの値段だったので、淡い期待を込めて4SR44という電池を入れると・・・ちゃんとLEDが点灯! しかも光の強弱で数値が変わるんです! やった~! 数値そのものはあてになりませんが、露出補正やISOをいじれば何とか調整出来ることが多いんですよね!

このST901は、70年8月のST701、72年9月のST801に続き、74年4月に発売されたもので、FUJI独自の開放測光システムに加え、電子シャッターと絞り優先AE機能を付加した、STシリーズのフラッグシップ機です。レンズもEBC(Electric Beam Coat)というFUJIの多層膜コーティングが施され、クリアーで発色の良いレンズとして定評があります。小父さんが社会に出た正にその時、このカメラも世に出た訳で、感慨深いものがあります。Bodyに刻まれたキズが多く、あちこち塗装が剥げていて、ずいぶん使い込まれた様子ですが、レンズは綺麗でモルトも張替えられ、つい先ごろまで頑張っていたことが良くわかります。




by Nonbiriojisan | 2010-02-10 20:00 | Photo


<< Carl Zeiss Plan...      NIKON S2 試写 >>