タグ:レンズ ( 179 ) タグの人気記事

2017年 03月 19日
暑さ寒さも彼岸まで

気持ちの良い一日でした 満開のサクランボ”暖地"の花を、引伸ばしレンズで接写してみました 印画紙に写真を焼き付けるという作業が少なくなったせいでしょうか、引伸ばし用のレンズは格安で入手可能です 暗室作業用なので、F値は大きい(暗い)のですが、歪の少ない画像を結ぶことで、接写用に使っている方も多いのではないかと思います マウントは殆どがL39(ライカスクリューマウント)なので、ボディに合わせたアダプターと、適当なヘリコイドリング(例えばBorg M42)を組み合わせると、手軽な接写レンズが出来上がります 焦点距離75~105mm位のレンズが使いやすいようです

d0085413_15103215.jpg

d0085413_16063342.jpg





by Nonbiriojisan | 2017-03-19 22:10 | Flower | Comments(0)
2015年 11月 29日
保土ヶ谷公園のイルミネーション
Industar 61(M42)で夜景を撮って星型のボケを見たいと思い、近所の公園のイルミネーションを撮りに行きました 結果は・・・なかなか上手く行きません 理由は・・・F5.6~8.0まで絞っているので、被写界深度が深くなってボケが出難い メインの被写体近くで撮って、背後の離れた光源を入れればよいのですが、この場所は噴水のある池でオブジェの側に行けない それでも、2枚目の写真の青いLEDの光は辛うじて星型になっていますけど・・・ もう少し足場の良いところで再挑戦することにします フ~ 037.gif

d0085413_0115787.jpg

d0085413_0121638.jpg


ちなみに昼間は(準備中、Bessa Tでのフィルム写真)
d0085413_0132215.jpg



SONY α7R, Industar 61 L/Z 50mm F2.8

by Nonbiriojisan | 2015-11-29 07:00 | Photo | Comments(2)
2015年 11月 20日
激カビレンズの清掃
カビの酷いレンズ(Canon 100mm F3.5 L)が、格安でオークションに出品されていたので、入手してみました Beforeは出品時の写真で、カビが酷くしかもどの部分に発生しているか良くわかりません 分解してみると、このカビは後玉2枚目の表裏にびっしり付着していて、コーティグを剥がす必要があるくらい深く侵入していました それで、ガラスに傷を付けないようにしながら清掃しました それがAfterです これでもまだ完全には取りきれていませんが、さらに研磨するかどうかは試写の後考えようと思いました

結果は・・・開放F3.5は少し甘いのですが、F4.0-F8.0位なら、十分実用的であることが分かりました 尤も、この焦点距離近くのLeica M/Lマウントレンズとして、Elmar 90mm F4.0(L)、Minolta M-Rokkor 90mm F4.0(M)、Elmarit 90mm F2.8(M)、Tele Elmarit 90mm F2.8(M)などのライバルが居ますので、実際に持ち出すかどうかは微妙なところです・・ いっそカビ跡をもっと残して、ソフトフォーカスレンズとしておいた方が個性的だったかも 037.gif

d0085413_15135515.jpg



左 開放F3.5 右 F4.0
d0085413_15213866.jpgd0085413_15215757.jpg


左 F5.6 右 F8.0
d0085413_15293557.jpgd0085413_1531599.jpg


左 F11.0 右F16.0
d0085413_15354171.jpgd0085413_1537367.jpg



by Nonbiriojisan | 2015-11-20 07:00 | Photo | Comments(0)
2015年 11月 08日
超広角レンズ撮り比べ
花などのマクロ撮影が多い小父さんは、焦点距離20mmを下回る超広角レンズを使う機会が少ないのですが、たまには使ってみようということで、近所の公園に出かけました 持参したのは、左から(下の写真も)AI Nikkor 15mm F3.5S、AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f2.8D、AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G EDの3本です 特に、15mmのフレアやゴーストが、秋の光でどうなるのかに興味がありました 15mmは相当注意しないとフレアやゴーストが出易く、撮る位置や方向を考えなければいけないようです 16mm魚眼は画角が広い割にはフレアやゴーストも良く抑えられているようです 14-24mmナノクリは流石にクリアな画で、優等生であることを証明したようなものですが、へそ曲がり的には面白味がないとも言えますね~037.gif

d0085413_2319848.jpg



d0085413_23213564.jpgd0085413_2321522.jpgd0085413_23221343.jpg
左の木立ギリギリに太陽がありますが、その影に立って写せば逆光でもゴーストは出ません またこのような構図だと魚眼の歪もそれ程強く出ません


d0085413_23413072.jpgd0085413_23414939.jpgd0085413_2342108.jpg
右から日の光が当たっています 真横でも15mmではフレアが出ます 16mmは魚眼らしく木の曲がりが凄い!


d0085413_23434713.jpgd0085413_2344775.jpgd0085413_23442839.jpg
こういう被写体だと魚眼らしい画になります UFOみたいにな不思議な感じです


d0085413_23451543.jpgd0085413_2345334.jpgd0085413_2346926.jpg
大分日暮れになって来ましたが空が明るいので、やはりフレアが出ます


15mm/F3.5追加

by Nonbiriojisan | 2015-11-08 07:00 | Photo | Comments(2)
2015年 10月 11日
マダム・フィガロ
水も滴る・・・じゃないですが、上品で優しい花です 秋の花は春より小ぶりで少し華奢! そこがまた良い!
d0085413_152624100.jpg

PS:標準域のレンズHelios 44M 58mm F2.0で撮りました NEX-7では87mm前後の中望遠レンズとほぼ同じ画角になり、ノートリミングでこの程度の大きさの画となります APS-Cサイズのカメラも使いようです
SONY NEX-7, Helios 44M 58mm F2.0

by Nonbiriojisan | 2015-10-11 07:00 | Flower | Comments(1)
2015年 03月 29日
ジャンクレンズ探しって意外に難しい
レンズのレストア(修理)に興味を持つようになってから、カビが生えたり、疵があったり、曇りがあるレンズ(ジャンクレンズ)を探しているのですが、適当なものがなかなか見つかりません 勿論、ただ汚いレンズという訳ではなく、チャンとレストアすればかなり高品質の写真が撮れるレンズということなのですが、多分小父さんと同じように暇で、同じようなことを考えている方が多いのでしょう、たまにコレは! というものを見つけても、結構なお値段になっていることが多いのです 現状と修理後の価値の差が楽しさなので、そんな高価な材料を仕入れていたのでは、端から面白みがないということです

昨日は都内の中古カメラ屋さんを数軒覗いたのですが、たいした収穫はありませんでした 逆に、綺麗なのに安いレンズを数本調達してしまって、何やってるんだろってな感じです 綺麗で良く写るレンズなんて沢山持っているのに!

でも、掘り出し物が無いわけじゃない 下のレンズ(Komura 135mm F2.8 Minolta MC マウント)は、'80に倒産してしまった三協光機のユニマウントレンズで、鏡胴部が2つに分かれ、後部のヘリコイド+マウント部分が、キヤノンFL、ミノルタMC、ニコンF、M42用に作られていました 前部のレンズ+絞り機構(プリセット)で面白いのは、絞り羽根が何と18枚もの凝ったギア形をしていることです 取り立てて素晴らしい写りという訳ではありませんが、こうした面白いギミックを持ったレンズを手にするというのも、それはそれで楽しいことです このレンズのお値段? 500円でした!

大した掃除をしなくても、レンズも鏡胴部も大変綺麗です 特に、レンズ最後玉に難のある個体が多いのに、これはピカピカでした 135mmという余り人気のない焦点距離であるのと、ミノルタマウントであったというのが超安値の理由かもしれません このミノルタマウントのフィルムカメラは勿論ですが、マウントアダプターを介してSONY Eマウントデジカメで使うことになります
d0085413_1734597.jpg



ボケ味や細かい収差の話に目を瞑れば、マズマズといったところでしょう
d0085413_174593.jpg

d0085413_1752587.jpg



by Nonbiriojisan | 2015-03-29 07:00 | Photo | Comments(2)
2015年 02月 26日
バラ
ミニ一眼レフのPENTAX Q10にシネレンズ(Dマウント CINE-W ARCO 6mm F1.4)を付けたものと、フルサイズ一眼レフNIKON D800EにMakro-Planar 100mm F2.0を付けたものの比較です 画質はともかく、ボケの違いが良く分かります(両方ともF2.8)

6mm(35mm換算40mm程度)の広角レンズなので、背景も写っていますが、グルグル渦を巻いたようなボケになっています) またバラの形もかなり歪んでいます #まとも#なレンズでは、これは撮れない! まともでないこと~ユニーク これが良い! (*゚▽゚)ノ
d0085413_1822843.jpg


もちろん、画質そのものは桁違いにこちらが上! #まとも#だから良い! の代表選手みたいなものです!

でもねー D800E(グリップ付)にマクロプラナー100mmを装着したものと、Q10に標準ズームを付けたものを比較すると、価格(新品最安値)で23.6倍、重量で6.8倍もの差があるんですよ! どのように考えるかにも依りますが、ウ~ンですよね ('-'*)
d0085413_18231079.jpg



by Nonbiriojisan | 2015-02-26 07:00 | Flower | Comments(2)
2015年 02月 25日
春を待つ
桃(暖地)の花も膨らみ始めましたし、蓑虫もムズムズしているような感じがします
d0085413_18153849.jpg

d0085413_18155957.jpg


PENTAX Q10, Zunow 13mm F1.1

by Nonbiriojisan | 2015-02-25 07:00 | Photo | Comments(2)
2015年 02月 24日
お隣の梅 Q10で
お隣の梅の花も満開になりました Q10にZunow 13mm F1.1を付けて撮ってみました 春一番かと思うような強い南風が吹いて暖かく、このまま春になってくれれば良いのに
d0085413_1844218.jpg

d0085413_1882012.jpg


PENTAX Q10, Zunow 13mm F1.1
PS:ブログやフェイスブックなら、Q10で十分です

by Nonbiriojisan | 2015-02-24 07:00 | Flower | Comments(2)
2015年 02月 15日
梅祭り
近くの公園で梅祭りが開催されていました 公園の一画にある小さな梅園ですが、天気が良かったこともあって、沢山の人で賑わっていました 和太鼓の公演もあったようですが、寝坊の小父さんが行った時にはもう後片付けをしていました 残念!
d0085413_23274265.jpg

d0085413_2328190.jpg

d0085413_23334414.jpg

d0085413_2334212.jpg

SONY α7R, P.Anjenieux 28mm F3.5 Type R11(M42), Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4.0
PS:上から3枚がP.Angenieuxです 柔らかな描写が特徴的なレンズですが、このようなコントラストの強い風景ではその特徴があまり感じられません うす曇で人物や風景の切り取りをするような環境下で、暫く試写を続けてみようと思います レンズの性格を見るため、ここでは修正は最小限にしていますので、周辺減光がかなり見られます 発色は比較的濃厚な部類に入るのではないでしょうか 1枚目はアンバー系が強く出てこのレンズらしい描写かもしれません 2-3枚目はパンフォーカス気味ですが、微妙なボケのためか人物の遠近感が出て、立体的な画になったような気がします

by Nonbiriojisan | 2015-02-15 07:00 | Flower | Comments(2)