2006年 08月 25日
石けんフェチ2 ~青森編~
石けんフェチの小父さんは、何も温泉石けんだけが好きな訳ではないんです。先日青森に仕事で出かけましたが、青森と言えば・・そうリンゴと、檜やヒバの原生林。ありましたよ、そうした青森のエキスの石けんが。思わず手が出てしまったのが写真の石けんたちです。

d0085413_0264643.jpgもっとも、よく見ると石けんの製造元は大阪だったり群馬だったりしますが、エッセンスは青森のリンゴやヒバと謳っています。こうした石けんたちと一緒のお風呂は、温泉と同じように、青森での色々な出来事が思い出されて、なかなか良いものです。炭の石けんなんか、初めはどんなものかと恐る恐るでしたが、皮脂は取れるのにしっとりした感じで、女性ならずとも、ああ良い気持ち! ですよ。

プーさんだけでなく、会社のお嬢さんたちへのお土産としても、喜ばれますね。かさばらないし、それほど高価でもないし、なまじっかのお菓子なんかより気が利いていると思うんですが、どうでしょう。

そうそう、今の時期の青森土産のお勧めは、なんと言っても嶽きみですね。嶽きみとは、岩木山の山麓で栽培されている、トウモロコシのことですが、これはもうトウモロコシの王様ですよ。本当に甘くて美味しい! 7本で1000円ですから、近所のスーパーなんかよりずっと安い! ただ、身がしっかりしているから、持ち帰るのは重くて大変です。青森空港にお店を出している農園さんは、電話で頼めば送ってくれそうなので、今度は宅急便着払いでお願いしよう・・・。10月初めまであるそうですが、やはり旬は今とのこと。

# by Nonbiriojisan | 2006-08-25 23:54 | Hot Spring | Comments(0)
2006年 08月 20日
ヨコハマウォーク ~ 元町編 ~
元町はお洒落な街です。銀座と違うのはどことなくエキゾチックで、原色に近い色があふれているところでしょうか。ヨコハマは日本で初めて・・・というものが多いんですが、FUKUZOKITAMURAといった身近なナショナルブランドもこの街から生まれました。わずか数百メートルの道を歩いただけで、世界中のトップブランドに出会える街なんですよ。

もちろん服飾だけでなく落ち着いた横浜家具の店や、インテリア小物の店も多く、実際に買い物をしなくても、ウィンドショッピングだけで充分楽しめる街ですね~。出来れば、お店の1階だけでなく2階、3階まで見ると、同じ店でもフロアごとに、雰囲気が違っていたりします。こういうところが、歴史というかお店の方の心意気なんですね。ずいぶん久しぶりの元町ウォークで興奮していたからか、余計な買い物をしてしまいました。

ただ、少し残念なのは、余りに綺麗になりすぎて、かつてのように少し猥雑な街から、思わぬ発見をするというような楽しみが、やや薄れてしまったことです。ハマッ子としては銀座や神戸と違った趣を何時までも残つつ、新しいモノを次々に世に出して行って欲しいですね。。

d0085413_1754863.jpgd0085413_176135.jpg
d0085413_1761652.jpgd0085413_1762766.jpg
d0085413_1764897.jpgd0085413_177041.jpg
d0085413_177229.jpgd0085413_1775316.jpg
d0085413_178496.jpgd0085413_179793.jpg
d0085413_1793134.jpgd0085413_1795473.jpg
d0085413_1710619.jpgd0085413_17113815.jpg
Nikon D200 ; AF-S Nikkor 18-200mm 1:3.5-5.6 G ED

# by Nonbiriojisan | 2006-08-20 13:30 | Photo | Comments(4)
2006年 08月 19日
ヨコハマウォーク ~ 山手編 ~
横浜に生まれ、横浜で育ち、横浜で暮らす小父さんは、生粋のハマっ子であると自負しています。何せ天性人後だから、余り人に誇れるモノは無く、せめてこの位は誇らせて頂かなくては・・・。もっともこれが誇りになるのは、ヨコハマが一般によしとされていることが前提ですが、小父さん的にはBay Starsがせめて3位くらいに居てくれれば、間違いなくヨコハマは良いところだと言い切れますね。

B4ちゃんのナンバープレートも横浜ですが、これをもっとカッコ良くするためには、漢字ではなくてYKあるいはせめてヨコハマとカタカナで書きたいモノです。日本広しと雖もカタカナが似合う街は、そう多くはないと思いますね。

ところで、50年以上の長きに亘って住むヨコハマですが、意外と街歩きはしていないんです。そこで一念発起・・・暇のあるときにはカメラ片手に、それこそミーハー的に、我が愛するヨコハマをぶら~りぶら~りと歩いてみようと思いました。

第1回は、定番中の定番・・・山手です。スタートは、いつもなぜかベーリックホール
で、隣のエリスマン邸、向かいの横浜雙葉学園、元町公園前のえの木亭山手234番館山手資料館十番館外人墓地、そして港の見える丘公園から見たベイ・ブリッジという具合です。

この通りには、フェリス、共立、雙葉など、あこがれの女子校が並んでいまして、小父さんもこの女子校の制服には、大いに憧れたものです。中学時代に通った予備校に、チャーミングなフェリスの女の子が居て、いつもいいないいなと思ってましたが、この女の子と偶然というか、何というか遭遇したのですよ、何年か前まで住んでいたマンションで・・・。たまたま子供同士が同い年だったこともあり、以来家族ぐるみで仲良くして頂いていますが、当時のことをお話しても、小父さんのことは全く完全にお覚えでは無かったですね~。ご本人は相変わらずチャーミングですが。

d0085413_11582082.jpgd0085413_11585983.jpg
d0085413_11591217.jpgd0085413_17203065.jpg
d0085413_11593657.jpgd0085413_1204316.jpg
d0085413_122494.jpgd0085413_1222760.jpg
d0085413_1231011.jpgd0085413_1232192.jpg
d0085413_1233432.jpgd0085413_1235615.jpg
d0085413_1244356.jpgd0085413_1252324.jpg
Nikon D200 ; AF-S Nikkor 18-200mm 1:3.5-5.6 G ED

# by Nonbiriojisan | 2006-08-19 11:24 | Photo | Comments(3)
2006年 08月 17日
悪あがき ~それでも省燃費を目指そう~
d0085413_1134932.jpgガソリン価格の高騰で、カー用品店では、省燃費関連グッズが飛ぶように売れているそうな~分かりますよねー~。見栄っ張り小父さんもやっぱり懐が心許ないので、少しでもガソリン節約できればと、このブーム以前からあれこれ試しています。今日は写真のエンジンオイル添加剤を、近くのコーナンさんで購入して来ました。本日特売!(これに弱い)ということで、1箱2本入り1,980円。もちろん家に帰るやいなやボンネットを開けて、クピクピクピと注ぎ込みました。

そして、ボンネットをバタンと締め、エンジンキーを回すと! ・・・・勢いよく回り出したエンジンが徐々にアイドリング状態に・・・・・ムッ・・・・心なしかアイドリング回転が下がり、エンジン音もいつもより小さく・・・。もう夕刻というにはだいぶ遅い時間でしたので、近所を一回りしただけですが、確かにエンジンの回転がスムーズに・・・・なったような気がしました。本当に効果があるのかどうかは、しばらく走らないと分かりませんが、1,980円の出費をしても、やや改善の気配がすると実に嬉しいものです。

この、添加剤はエンジンオイル交換時に新しくすべきだそうですが、小父さんのペースだと約半年、つまり6,000Km走行ごとに1,980円ということになります。通常で6Km/Lですから、半年で1,000Llのガソリン消費です、ハイオクガソリン150円として、この出費によって半年で約13.2L(1.32%)の消費抑制が出来れば、とんとんということです。このように書くと、ずいぶん得する様な気がしますが、B4ちゃんの燃費は走行状態によって5~12Km/Lまで変わるし、自動車会社のテストコースで測るならともかく、実際にはどれほど省燃費になったのか検証するのは難しいでしょう。

それでも、B4ちゃんにこうした添加剤を与えるのは、小父さん自身がエスカップゴールドだとかリゲインだとか、リポビタンDを飲むのと同じなんでしょうね~気休めですよ気休め!

# by Nonbiriojisan | 2006-08-17 01:50 | Car | Comments(2)
2006年 08月 15日
恐るべしiPod ~危険なおもちゃ~
購買意志決定における世帯普及率80%というメルクマールは、それ自体大いに矛盾を秘めていることを先般書きましたが、その矛盾が現実のものとなった例がiPodの購入です。それまで可愛らしいRio NitrusというMP3プレイヤーを使用していたのですが、やや容量が小さいことを除けば、通勤電車の中や出張途上の新幹線の中で音楽を楽しむのに、それほど不満があったわけではありません。

ところが、AudioやPC関係の雑誌に、これでもかこれでもかとiPodの記事が掲載され、やれMiniだのNanoだのShuttleだの、4Gだの5Gだの、はたまた便利なアクセサリー・・・etc.と書き立てられると、小父さんとしては時流に遅れないために、いそいそといつものヨドバシカメラ マルチメディア横浜へ出かける訳です。これが間違いと分かっていながらです。

で、とどのつまりは写真の様に、またまた後悔の種となってしまうのですが、iPodの危険性はiPodの購入に止まらなくなることです。まあ、よくもこうアクセサリーを考えつくものだという位、あれやこれやありまして、写真のLogicool製スピーカーを皮切りに、カーステレオ用のFM Transmitter、デジカメとのコネクター・・・etc.と、あれば便利なモノが際限なく登場し、これらを手にしないとせっかくのiPod 第五世代 60Gが生きないと、手を出すはめになるのです。もう後は、テレビ録画用のDocでやめておこうという自制心もぐらついて・・・全く危険なおもちゃですな~。

d0085413_394918.jpgでもね、60Gも容量があると「探検ロマン世界遺産」を5回分入れて、CDを200枚位入れてもまだ十分余裕があり、これをカーステレオのFMへとばすと5日間以上も、かけっぱなしでドライブが出来るのですよ。便利ですねー、もうCDチェンジャーなど要らなくなるんです。待てよ、そうするとB4ちゃんのMcIntosh 6連装のCDプレイヤーも要らないのか・・・トホホ。ガソリン代が嵩むから遠出もしないし・・・人生すべてがこのように無駄からできているんですね~。

皆さん、こうした間違いをしないためには、iPodを買わないことです。もし買うんだったらせいぜいMiniにすべきですよ~!

# by Nonbiriojisan | 2006-08-15 03:10 | Audio & PC | Comments(0)