カテゴリ:Essay( 16 )

2014年 08月 10日
ワシントンDCの少女
先日、NHKの「世界ふれあい街歩き~ワシントンDC」という番組を見ていて感心したことがある ミズーリ州カンザスシティから来たという退役軍人のご一家、そのお嬢さんがホワイトハウスで働きたい?というインタビュアーの問いに、「あそこでは働きたくないわ、あそこの人が私のために働くの!」と答えていたのだ 

この一言が、アメリカにおける民主主義の本質を良く突いているのではないかと思った 小学校の高学年位のお嬢さんだが、公僕である政治家や政府の役割を正確に認識している 

不正な経費支出をして泣き叫ぶどこかの県の議員さんや、国会議事堂の人々は私のために働いているんじゃよ! とほくそ笑む利権屋さんの居るかもしれない某国とは大違い! こんなお嬢さんに見つめられている政治家は、うかつなことが出来ない

もっとも、国民の権利意識が強くなりすぎると、「あなたの国があなたのため に何ができるかを問うのではなく、あなたがあなたの国のために何ができるのかを問うてほしい」と大統領(JFK)に言わせることになるのだが・・・

ともかく、政治の浄化には、まず選挙民自身が、政治への理解と高潔さを幼少から養わなければならないと痛感した
d0085413_1274165.jpg


by Nonbiriojisan | 2014-08-10 07:00 | Essay | Comments(2)
2014年 07月 18日
文明崩壊
暫く前に購入し、積んどく状態にしていた「文明崩壊」(ジャレド・ダイアモンド著、草思社文庫)を読了した 

文明の興隆と崩壊について書かれたものは多いが、ダイアモンドは、文明崩壊を招く5つの要因として、環境破壊、気候変動、近隣社会からの援助、その敵対的干渉、および社会がもつ問題対処能力を上げ、これらを人知が克服出来るかどうかが、永続的な繁栄か崩壊かを分けるキーポイントであると語っている 日本に関する記述の幾つかにやや違和感を覚えるものの、全体としては数多くの例示によって長編であるが読みやすい

特に、貪欲な経済活動が自然破壊を招き、結果として経済・社会そのものが成り立たなくなった例や、同じ自然環境の下でも社会の営み方法によって、繁栄の度合いに差が付くことなど、昨今の地球環境問題と照らし合わせると非常に示唆に富んでいる

現在も進行中の砂漠化や乾燥化を、どう食い止めるのか 人知が試されている訳で、ダイヤモンドも幾つかの提案をしているのだが、この点に関し小父さんは悲観的な見方をせざるを得ない 分っちゃいるけど止められない・・・人間なんてそんな程度のものなのか?

蛇足:表紙の絵は、オランダ ロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館所蔵のバベルの塔(ブリューゲル)で、ウィーン美術史美術館所蔵のバベルの塔(同)の約1/4の大きさであることから「小バベル」ともいわれる

d0085413_0445432.jpg



by Nonbiriojisan | 2014-07-18 07:00 | Essay | Comments(0)
2013年 11月 24日
山手外人墓地
プーさんたち、神奈川インテリアコーディネーター協会(KICA)のフェスティバルを見に、エリスマン邸に行く途中、外人墓地に立ち寄りました 普段は墓地の内部には入れないのですが、墓地管理の費用の一助にと、昨日は有料(募金)で公開されていました 文明開化以降、多くの外国人が西欧文明の伝道者として日本を訪れましたが、その中には横浜で客死された方も多く、そうした方々がここに眠っていらっしゃいます 女学校の創立者、鉄道技師・・幾つかの墓には、花束が捧げられていましたが、殆どは荒れるに任せられているように見えました 今日わが国が文明国の一端に名を連ねられているのも、こうした尊い方々のお陰であり、そうした謙虚な気持ちを忘れずにいたいと思いました
d0085413_058217.jpg

d0085413_0584317.jpg

d0085413_059124.jpg

d0085413_10319.jpg

d0085413_111914.jpg

d0085413_113965.jpg

LUMIX DMC-GH3, LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0, LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8

by Nonbiriojisan | 2013-11-24 07:00 | Essay | Comments(0)
2012年 01月 14日
東京オリンピック2020
d0085413_1331924.jpg先日、あるところでこの2020年オリンピック招致バッチを頂きました 2016年の招致に失敗したので、今度こそは! ということなのでしょう しかも招致出来なかった大きな理由が、国民的支援の不足だそうですから、その国民的支援を取り付けるために、関係者は必死になって宣伝活動に努めることになるんだと思います

でもね~ 小父さん、このオリンピック招致活動がどれほど盛り上がるのか、甚だ疑問なんですよね~ オリンピックや運動競技自体は素晴らしいと思うんですが、国も地方も極度の財政難のおり、「東京の東京による東京のための」、(開催場所が)囲い込まれたオリンピックなんて如何なものなんでしょう たまたま人口も企業の数も多く、税収が多い東京だから出来るのでしょうが、神奈川県や横浜市が言い出したら、県民や市民は憤るでしょうね~ お祭り騒ぎをやる金も暇もあったら、もっと地に足を着けた事できるでしょ~って (開国博の大失敗で、市長が任期途中で逃げ出した市ですから、そんなこと口が裂けても言わないとは思うんですけどね 037.gif

東北を元気づけるためというのも招致理由になっているそうですが、あと8年もたって未だ元気づけなきゃいけないような東北であって欲しくありません もっと早い時期に元気になっていなくてはならない筈ですよね~ 何でもかんでも東北を持ち出すことには少し違和感を覚えますし、東北の皆さんを心の中で軽んじているような気すらします あなたのタメだから! というテレビCMと同じようなものかな

ま、兎も角、新橋でテレビのマイクを突きつけられたら、「一度もオリンピックをやって無い国に、開催して頂けば良いのではないでしょうか、日本の選手がどこの国で競技していても、精いっぱい応援しますよ!」と、コメントしようと思っています 
FUJI FinePix F600 EXR
PS:このFinePix 600 EXR買ったばかりなんですが、GPS機能が面白いし、マクロもなかなかしっかり写ります

by Nonbiriojisan | 2012-01-14 07:00 | Essay | Comments(4)
2009年 03月 15日
大学の彫像
d0085413_1904665.jpgd0085413_191251.jpg先日、大学にちょっとした用事があって出かけた。用事を済ませた後、学内を少し散策したが、かつてあまり気にも留めずにいた彫像に興味を持った。我が国は明治維新以降、貪欲に西欧の知識や技術を求め、多くの碩学を招聘すると共に、優秀な日本人を海外に留学させ今日を築いたが、そのような人々がどのような風貌をしていたのかは、非常に興味深い。
d0085413_1915748.jpgd0085413_1921542.jpgここに上げた人々は、それぞれの分野で我が国科学技術の礎を築いた訳だが、いずれも強靭な意志と、深い洞察力を秘めた知性あふれる顔をしている。この人たちを突き動かしたのは、強い使命感であったのだろうが、昨今はこうした魅力的な顔をした人間を見ることが少ない。これから少しばかり気を引き締めて行けば、この人たちの何分の一か、良い顔になれるものだろうか。そんなことを思った。
d0085413_1925248.jpgd0085413_1931392.jpg上段左 Erwin von Baelz(内科学) 上段右 Julius Karl Scriba(外科学)
中段左 Charles Dickinson West(機械工学) 中段右 Josiah Condor(建築学)
下段左 三好晋六郎(造船学) 下段右 古市公威(土木工学)

d0085413_2085498.jpg早咲きの桜がもう満開になっていたが、春休みに入っているのだろうか、学内には人影が少なく、穏やかな日差しが暖かかった。学食の麺類は相変わらず不味く、その上昔と比べたら不相応に高かった。
LUMIX DMC FX-35

by nonbiriojisan | 2009-03-15 07:00 | Essay | Comments(2)
2008年 08月 12日
天性人後 ~ シチリア島の塩 ~ 
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by Nonbiriojisan | 2008-08-12 07:00 | Essay
2008年 03月 27日
Famimaのおまけ ~やるジャン~
d0085413_2145174.jpg小父さんの会社の直ぐ近くに、Famimaのお店があって、朝はペットのお茶、昼はランチ用弁当を買いに行くんですが、そのFamimaで3回続けて、キャンペーン中のカテキン緑茶が当たりました! レシートに当たり! があると、その場で1本このペットが頂けるんです。 年末にもこうしたことがあって、年末ジャンボ3億円を逃しましたので、ラッキーパワーが蓄積するまで、しばらくの間は、宝くじを買わないことにしました。

それにしても世の中、こうした景品をくれる! といううたい文句の広告が氾濫していますね~ 中には、色々と個人情報を微に入り細を穿つように書き込ませたあげく、大した景品でもないのに、当選の発表は商品の発送をもって替えさせて頂きますだと! 

捻くれ者の小父さんとしては、こういう景品は大部分が発送されていないのじゃないかと、疑っています。 3億円当たった人は、盗難などの事件に巻き込まれないように、個人情報を保護すべきですが、高々数万円のコンパクトデジカメとか、子供用自転車(あくまで例ですよ)なんか当たった方を隠す必要はありませんよね Yokohamaののんびり小父さんが、液晶テレビ当たったことを公表されたって、是非見せてくれと家に訪ねてくる人も居ないと思います。(当たらないかな~)  

公正取引委員会は、抜き打ち的にこういう広告と景品の発送、受領をチェックすべきですね! それで、ウソをついていた業者を、全国紙とNHKで大々的に報道した上で、社長に銀座通りを三角帽子を被せて歩かせるんです! 少々過激のようですが、見えないところで消費者にウソを言っているとしたら、そのくらいの責めは負うべきだと思いますがね! 

そこいくと、Famimaは偉い! 名前の公表が不要なほどストレートに景品をくれる! 周囲のお客さんは、私も当たるかもしれないと思って、小父さん以上にFamima通いをする! 良心的な商売とはそういうものです

by Nonbiriojisan | 2008-03-27 12:50 | Essay | Comments(2)
2008年 01月 12日
缶コーヒーと3億円
d0085413_23402780.jpg今回も年末ジャンボを10枚買いましたが、あまり当たるとも思えないので、例によってみずほ銀行の窓口で、確認してもらいました。当然300円だけ回収することになったのですが、残りの2700円は世のため人のため、ということでそれはそれで納得です。 宝くじは駄目でしたが、ファミマのレシートで、年末から3回立て続けに缶コーヒーの当たりが出ましたよ! どうやら、缶コーヒーでツキを使い尽くした感じですね! こうなったら、どこまで缶コーヒーが当たり続けるか、毎日ファミマ通いをすることにしましょ!

ところで、実際3億円が当たっていた場合はどうなるのかと思って、みずほのお姉さんに聞いてみました。 別室へ通されるんですかね~? と聞いたら、いいえ当たり券を一旦お預かりして、後日お支払いなどの手続きをするんです、とのこと。きっとその間に、当たり券の真贋鑑定をしたりするんでしょうね。そして、高額当選者の皆様へ! なんていう注意書きをもらって、ビクビク暮らすことになるのでしょう。 それを考えると、今回も当たらなくって良かった! コーヒーだったらビクビクせずに、クビクビ飲めますからね!・・・ すごい負け惜しみ! 037.gif

by Nonbiriojisan | 2008-01-12 07:00 | Essay | Comments(2)
2007年 12月 20日
チャングム ~ 第一話の苦心 ~
d0085413_11332136.jpg「宮廷女官チャングムの誓い(完全版)」も大詰めで、これまでに47話が終わっていますが、残念なのは肝心の第1話(二人目の女)を録画しそこなったことです。チャングムの両親が夫々宮廷を去ることになったいきさつや、父が仙人から3人の女との不思議な因縁を告げられたこと、母ミョンイとペギョン(ハン尚宮)の交流、など、実に良い場面を描いていたので、困ったな~と思っていました。正に、画竜点睛を欠く 感じですね! ところが、Korean Timeという韓国のブロードバンドチャンネルが、第1話と第2話に限って、無料で放映しているのを見つけました。が、当然ダウンロードは出来ません。仕方がないので、パソコンのディスプレーに映し出された画面をビデオカメラで録画し、これを編集しました。当然、画質は落ちてしまいますが、竜がウィンクした程度のDVDには仕上がりました。それにしても良く出来たドラマですね~ アジア諸国でも大人気のようですが、西欧の映画にない、アジアの心を描いているんですね! 

注 DVDはあくまで、小父さんの、小父さんによる、小父さんのための極めて個人的利用に限ったDVDですよ~ ~ 最近著作権が問題になっていますので一応お断りしておきます~ 


d0085413_11433330.jpgでも、小父さん的には少し不満な点もあるんですよ! それは、時としてチャングムがとても冷たい女性に見えるシーンがあるんです。 チャングムを心配する養父母や、医女仲間のシンビなどを無視するようなシーンです。ミンジョンホやハン尚宮に対する熱のこもり方や、敵のクミョンに対してさえ見せる思いやりが、一番の味方に発せられないのは何故なんでしょう? この辺りがJapaneseとKoreanのメンタリティーの違いなんですかね~? 日本人の監督であれば、もっとこういう細かい部分の気配りをするのではないかと思いますがどうなんでしょう? アジア中で人気を呼んだ、「おしん」の作品作りの細やかさは、日本人ならではのものなんでしょうね!
注 画像はいずれもNHKより 問題があれば即座に削除しますよ~


by Nonbiriojisan | 2007-12-20 07:00 | Essay | Comments(0)
2007年 07月 16日
巣鴨地蔵通り商店街 ~おばあちゃんの原宿~
d0085413_22584391.jpg物調べを生業にしている。今の興味はリーテイルビジネスである。景気動向や移り気な消費者の心と財布を掴もうと、誰もが躍起になっている。だが、消費者の心はマクロ経済では把握しきれない。買った物や金額は掴めても、買いたかったけど買わなかったモノやいつか買おうとしているモノ、イオンでは売れなかったけど、巣鴨では売れたモノなどは、統計の巨大な数字に隠れて浮かび上がらない。知りたいのは、売るエネルギーや買うエネルギーが、どんな条件でマッチしているかだ。

それで、元気だという巣鴨地蔵通り商店街に行ってみた。
d0085413_2304883.jpg小雨の降る平日の午後3時、アーケードの無いこの商店街では、買い物に適した条件とは言えない。が、それでもオバチャンやおばあちゃんが、衣料品店に群がり、買い物袋を抱えて通りを闊歩している。おばあちゃんの原宿という形容が正に当を得ている。門前町だけあって、お地蔵さんにちなんだせんべい屋や塩大福を売る店も多いが、他の商店街と明らかに違うのは、ミセス衣料の店が圧倒的に多いことである。高級品ではないが、デパートやスーパーに無いオバチャン、おばあちゃん向けの衣料品が、極めて安価かつ豊富に提供されている。
d0085413_22592419.jpg結論を急ぐ訳ではないが、結局この商店街の成功は、膨大な女性人口の需要を、人生の出口に近いところでしっかりと掴んでいるということだろう。大岡越前の母の逸話ではないが、女性はいつまでも美しくありたい、装いたいと思っている。だが、世の中は最も移り気な若い女性ばかりをターゲットにして流行を作り、膨大な売れ残りと、それをカバーするための非常識な価格を設定する。
d0085413_230961.jpgだが、ここでは違う。単価が安く他に無い商品を遠くから買いに来る。しかも、客は若い女性ほど移り気ではなく、自分が買うべきものを知り尽くしている買い物のベテランだ! まがい物は拒絶され、非常識な価格は見向きもされない。
d0085413_2303212.jpg注)この街では色々な出会いがあるが、左の写真の「近江の館」はイチオシ! ご主人も、お店の女性も上品で親切。近江の自然産品が綺麗なお店の中一杯に飾られている。もちろん、漬物などの試食をしながら、お茶で一息いれることが出来る。こういう、隅々まで神経が行き届いた店は、店の中に居るだけで心地良い。

d0085413_231490.jpg刺抜き地蔵は、元気に生きるための守護である。オバチャンやおばあちゃんが、懸命にお地蔵さんの体をタオルでぬぐっている。お地蔵さんは、オバチャンやおばあちゃんを介して、この商店街の元気も支えているのだ。高齢化に伴う消費減退を気遣う人が多いが、この街は高齢化万歳、いつまでも長生きして巣鴨に来て! ここらが、一味違う街づくりになっている。
d0085413_2311942.jpgもう一つの違い、それはこの街のサービス精神である。買い物をしようがしまいが、店の一角のお茶を淹れるコーナーに客を引き入れ、熱い茶・冷たい茶で客をもてなす。買い物に疲れた、オバチャンやおばあちゃんには何よりの休息場所である。そこで、店の売物の漬物や乾物を試食させる。時には、話し相手にもなって、ひと時のくつろぎを与える。売り買いのエネルギーのマッチングが、売り手・買い手の善良さをベースに、目先の商売とは全く違う角度からなされている。禿鷹ファンドの狡猾さや、ITに浮かれた空中戦ビジネスの軽薄さとは程遠い世界がここにある。
d0085413_2314030.jpgだが、この街にも心配事はある。それは年金問題である。老後をつつましく、それでも精一杯楽しもうという庶民にとってゆゆしき問題である。と同時に、そうした庶民を顧客に持つこの商店街にも、打撃を与えかねない重大事である。こうしたことを、どう調べ物に纏めるか、よく考えてみることにしよう!

注) 若い現代的な娘さんが、これも若い托鉢僧に幾許かの寄進をし、何かを授けられている光景を目にした。このお嬢さんも、何十年後には、この商店街の大事な顧客の一人になる。
d0085413_23235.jpg
NIKON FE-2, Nikkor 50mm F1.8, FUJI Superia Venus 400
PS: 街中のスナップは50mmではチョットきつい。やはり28mm、場合によっては24mm位が良いかな!

by Nonbiriojisan | 2007-07-16 07:00 | Essay | Comments(3)