2006年 11月 10日
そして小父さんもCore2Duo ~トホホは続く~
だいぶブログの更新をサボっていましたが、一つはお仕事が変わってそれなりに忙しかったこと、二つは小父さんもプーさんに負けじと、メインマシンのCore2Duo化を図っていたことによります。 で、すんなりとCore2Duo化が図れたかというと、それがそう簡単でもなかったのですよ! もちろん周辺機器はなるべく使い回そうとしていたので、最小限の投資で済まそうと思ったら、CPU、マザーボード、メモリーの3点セットを組み込むだけで良かったのですが、実は改めてPCの自作には大きな罠が仕掛けられていることに気がつきました。

それは、Intel系のCPUが478ソケットからLGA775に変わったことと、メモリーがDDRからDDR2に大きく移行したことによるものです。しかもこれが一時に変われば良いモノを、少しばかり時期をずらして変わったのですね~。つまり、ある時点で 478+DDRだったものが、次にLGA775+DDRとなり、今Core2DUoにするとLGA775+DDR2にせざるを得ないんです。

小父さんはこのCPUとメモリーの変更時期にことごとくPCを組んできたものですから、Core2Duoに移行しようとすると、まだ十分に使えるパーツを一斉にお蔵入りさせることになってしまうのです。それで・・・これまでのパーツを生かそうと貧乏心を起こすと、第二、第三の旧式マシンを作らざるを得ず、そのためには新たにHDDやDVD Drive類を買い増ししなければならず、更に折角組んだマシンを1人立ちさせるために、ディスプレイやビデオキャプチャーボード、無線LAN機器、キーボードにマウス、PCケースと一通りそろえることになってしまいました。

更に更に、こうなったからにはPC切り替え器もいじってみようとか・・・で、結局小父さんの書斎には3台のデスクトップと、1台のノート、寝室には1台のデスクトップが出現して、今日はどの子でブログを書こうかと迷いに迷ってしまう訳です。ついでに、もうここまで来るとやけくそなのですが、ソケット478のマザーがだんだんレアものになりつつあることから、念のためと余計なMicro ATX用のマザーを買ってしまいました(安かったけど)。それで、もう年末まではPC関係の出費はゴメンだ!と固く心に誓っている今日この頃です。

肝心のCore2Duoですが、通常のアプリではそれ程体感上の早さは感じませんが、動画のエンコード(例えばテレビ番組をMpegで録画したモノをDVDにするような)場合には、かなり快適な環境となりました、でもこうした幾ばくかの時間短縮に大枚はたいた訳ですから、やはり「時は金なり」ですかね~ (*⌒∇⌒*)

by Nonbiriojisan | 2006-11-10 21:00 | Audio & PC | Comments(10)
Commented by katsuteno otome at 2006-11-12 02:13 x
お久しぶりですね。 しばらく更新されていなかったので、仕事がお忙しいのだろうと思っていました。 色々格闘していらしたんですね。 私はPCに関しても本の初歩程度の知識しかありませんので、、詳しくは分かりませんが 相当な腕の持ち主だと言う事は分かりました。 小父さんの頭脳の本の爪の大きさ位でいいので、少し分けてもらいたいくらいです。 多種な趣味の持ち主でもあられる様なので、きっと時間がいくら有っても足りないでしょうね。 私は”時間持ち”なので 交換したいですね~
Commented by yumehana-3 at 2006-11-12 12:43
あっさり iMac 24インチを買ったほうがすっきりしたかも ね。
Commented by Nonbiriojisan at 2006-11-12 21:40 x
そうかもしれませんね~ なまじっかWindowsの波に呑まれるくらいなら いっそ全てを捨ててMac族に転向! という手もありますね。 でもね、前に書いたけど以前は会社でMacを使っていたこともあって 家でもPerforma5210と言うのを長くおいておいたこともあるのですよ。それで今更Mac転向すると、昔のMac OS7位の時期のファイルを復活させようなどとまたまた出費の伴うプロジェクトが始まりそうで恐ろしいのです!
Commented by yumehana-3 at 2006-11-13 10:12
パフォーマ5000シリーズとは懐かしい。10年ちょっと前の機種ね。これを
少しスマートにしたのが 初代 iMac かと。でも OS7の頃はちょこちょこ
バージョンアップがあってそのたび周辺機器への適合性が問題になったり
僕もわずらわしくなって 97年にWindowsに鞍替えしました。
Commented by Nonbiriojisan at 2006-11-13 18:42 x
5210って今から思うとこれで良くやってたなと思いますよ。クロックが75MHz、二次キャッシュ 256K、メモリ最大64MB、内蔵HDD500MB、CDROM4倍速でしたからね。今のメインマシンは夫々、Core2Duo2.4GHz,4MB, 2GB,400GB,48倍速ですからね~、正に隔世の感ですね。しかも外付HDD等を増設しようとするとSCASII接続しかなく、機器類を延々とコードで繋いでいたものです。それにPlug-inでないから、すぐ再起動!大変な時代でした。
Commented by yumehana-3 at 2006-11-13 19:29
いやいや オイラの初マックは SE30、 メモリー5MB HDD 80MBだったよーん。これでも4年間仕事で使いました。
Commented by Nonbiriojisan at 2006-11-13 20:12 x
SE30って箱の半分がモニターの、可愛いヤツでしたね~。アウトドア用のテレビみたいな感じ! 良く4年も使いましたね~ でも、当時は簡単に文章が書けて、四則計算ができる位でも感激してましたからね~。MacはそれぞれにPCの歴史みたいなのがあって、Windowsの無機質な感じとは違いますよね。これ今持っていたらオークションで結構良い値が付くんじゃないかな~
Commented by yumehana-3 at 2006-11-14 22:21
このSE30は ドイツ駐在時代の仕事マシーンで、当時96万円しました。
当時はMS-DOSの時代で、バイリンガルのPCはMacぐらいしか無かったんですね。
でA4レーザープリンタが119万円。いまならプリンタなんてもっと性能が
いいのが2万円。時代は変わったものです。
SE30の画面って 512 x 386 ピクセル、狭かったなー。
Commented by Nonbiriojisan at 2006-11-15 13:19 x
そうそう 90年代の初めは小父さんもMultiplanをやっていましたよ。今、思い出すと寒気がする
Commented by yumehana-3 at 2006-11-16 11:44
あのころはMSのエクセルよりマルチプランや ロータス123の方がよく使われていたように思います。
MS-DOS機の日本語変換は、管理工学研究所の「松」が幅を利かせていたような。
PCソフトの世界の変遷も激しいですね。


<< 北海道の温泉8 ~ 由仁町ユン...      Core 2 Duo ~プーさ... >>